THELIFE SUITENGUMAE

Residence

Tokyo, Japan

2021

New real estate service “SMARG" from Tokyo by GOODLIFE, and it’s renovation design brand “THELIFE” proposes new living space for the future that will change the general idea of renovation. I IN did total branding from space design to brand name, logo and aroma. By pursuing the potential of the space to the maximum, the aim was to truly reborn the living space of existing condominiums. Changes in culture and technology nowadays have provided us the freedom of life with making people’s daily activities more seamless. I IN believed that the connection of light and air in the space with each function was a necessary element for the living space in the future. The partition in the bathroom, which is made of corrugated glass, connects the light with a unique look, while dividing the scene. By separating the bed and living space with storage furniture, the sense of unity and spaciousness has increased, while giving each space a comfortable perception of scale. In addition, the edges of the wooden walls are curved inspired by the idea of familiarity with a detail from a long time ago in Japan. Its texture and soft luster, reminiscent of the round pillars of Japanese architecture, quietly inhabiting the room. The plaster finish that has been applied captures the ever changing light, and provides comfortable flow of time upon the entire space. Although it is a new renovation space that has never been experienced before, it is not a transient one, it is new proposal for a living that people can connect to for a long time.

グッドライフによる東京発の新しい不動産ブランド「SMARG」。そのサービスの一つであるリノベーションのデザインラインである「THELIFE」は今までのリノベーションの考えを根本から変える、未来へ向けたこれからの住空間のあり方の提案する。空間デザインから、ブランド名、ロゴ、香りにいたるトータルでのブランディングまでを行なった。空間の持つポテンシャルを極限まで追求することで、既存マンションの住空間を本当の意味で生まれ変わらせることを目指した。文化や技術の変化により生活の自由度が高まったことで、人々の1日の行為はよりシームレスになってきている。それぞれの機能を持つ空間の光や空気がつながっていることは、これからの住空間にとって必要な要素と考えた。深い凹凸を持つガラスを用いたバスルームのパーティションは、視線は切りながらも独自性のある表情を持って光をつなげる。収納家具によってベッドスペースとリビングスペースを分けることによって、それぞれの空間に心地よいスケール感を与えながら、一体感と広がりのある空間を実現している。また、古くからある素材と永く親しむための工夫を手掛かりに、木壁面の端部には曲面を施している。日本建築の丸柱を想起させるその手触りと柔らかな光沢が、静かに室内に同居する。施された左官の仕上げが刻々と変化する光を捉え、心地よい時間の流れを空間全体から感じることができる。これまでにない新しいリノベーション住空間でありながら、一過性のものではない、永く人が愛着を持てる住まいの提案となった。

Client
GOODLIFE Co., Ltd
Constructor
MARVELOUS
Lighting design
USHIO LIGHTING
Photography
Tomooki Kengaku